HTMLとは?初心者でもわかるHTMLの基礎知識

HTMLとは?初心者でもわかるHTMLの基礎知識

WEBプログラミングを学ぶにあたって、まず最初に学習するのがHTMLです。

「HTMLって何なの?」って人がほとんどかと思います。

そんなプログラミング初心者の人でもHTMLが理解できるよう、わかりやすい具体例を使って紹介していきますので、この記事を参考にしてみてください。

HTMLとは?

ほとんどのWebページはHTMLとCSSという言語で構成されています。

普段ご覧になっているWebページもHTMLとCSSという言語によってその見た目が作られています。

では、文字はどうやって書かれているのでしょうか?HTMLの書かれ方を理解するためには「タグ」という概念の理解が必要です。

HTMLのタグとは?

タグとは何か?

一言でいうと、「文字(テキスト)に意味を与えてあげる印のようなもの」です。

下の例のように、文字をタグで囲ってあげることにより、ただの文字がh1(見出し)やp(段落)といった意味を持つようになります。

※最後のタグ(終了タグという)には「/」が入ることに注意してください。閉じ忘れなどがあると、表示が崩れたりする原因にもなります。

<h1></h1>:見出し1

<h1>heading(見出し)1</h1>

「heading(見出し)1」という文字にh1(見出し)という意味が加わることになります。

タグによって文字にさまざまな意味を持たせることができます。

またHTMLには多くのタグがあります。タグの中でよく使われる種類を幾つかご紹介します。

よく使われるHTMLタグ

h1以外に、どんなタグがあるのでしょうか?よく使うタグをいくつか紹介します。

<p></p>:段落

<p>paragraph(段落)</p>

<strong></strong>:太字

<strong>太字</strong> → 太字

<a href””></a>:リンク

<a hreh”https://forca.design(リンク先へのパス)”>forca.design</a> → forca.design

HTMLのまとめ

実際に自分でHTMLタグを入力できるようになれば、表現の幅は大きく広がります。慣れないうちは難しいかもしれませんが、ぜひとも挑戦してみましょう。

また、各種HTMLタグはテキストの見た目だけを気にして使うのではなく、コンピュータに「これはどんな意味を持つ情報なのか」を認識させながら運用することが重要になります。

それによって検索流入の増加が見込めるようになり、それこそが自身でタグを入力する一番のメリットかもしれません。