CMSとは?初心者でもわかるCMSの基礎知識

CMSとは?初心者でもわかるCMSの基礎知識

CMSとは、コンテンツ管理システム(Content Management System)の略称です。

CMSとは、HTMLやCSSのようなホームページの作成に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。

Webページの記述言語であるHTMLやCSSを知らなくても、CMSを導入することでホームページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもホームページを運用することができます。

CMSの特徴

ホームページの更新が簡単

ホームページの更新が簡単になります。テキストや画像ファイルのアップロードや、デザインの修正なども簡単です。

検索エンジン(SEO)対策

検索エンジン対策を行うことができます。検索エンジンに見つけてもらいやすいサイト構造にしたり、それぞれのページに検索キーワードを入れることが可能です。

サイトの更新頻度を高められる

ホームページの更新が簡単になるので、タイムリーに内容を変更することが可能です。コンテンツを頻繁に更新することで、見込み顧客への訴求力を高めることができます。

コスト削減

ホームページ担当者が自分で更新できるようになるため、今までかかっていたエンジニアの工数や外注のコストを削減できるようになります。

CMSの導入はコスト削減のために必要不可欠

CMSが登場する以前は、ホームページの内容を変更するために、いちいちFTP(File Transfer Protocol)でサーバーにアクセスして、HTMLやCSSで記述されたホームページのデータ・ファイルを直接編集しなければなりませんでした。

専門的な知識が必要なので、社内のエンジニアや外部のWeb制作会社などに依頼していた企業も多かったと思います。

CMSの普及により、HTMLやCSSなどの記述言語を知らない人でも、サーバーを意識することなくホームページの内容を変更することが可能になりました。

最新のCMSのなかには、ページのデザイン要素を簡単に更新できるものもあります。

CMSを使うと、ホームページを更新するために必要な時間を減らし、エンジニアの工数や外注コストを削減できます。

また、CMSを導入することでホームページの更新を頻繁に行うことができるため、最新の状態を保てるだけではなく、検索エンジン対策という点でも大変有効で、今やCMSの導入はホームページの構築に必要不可欠だと言えるでしょう。

代表的なCMS

WordPress

代表的なCMSとして、最も多くのシェアを持っているWordPressがあります。

WordPressの大きな特徴としては、無料で誰でも利用できるほか、その情報の多さ、プラグインの豊富さがあげられます。

baserCMS

もう一つの代表的なCMSとしてbaserCMSがあります。

baserCMSの大きな特徴は、無料で誰でも利用できるほか、その使いやすさにあります。

日本で作られたこのシステムはソースコードのコメントなどが日本語で書かれ、日本人にもわかりやすい設計になっています。また、シンプルでわかりやすい構造なため、パソコンがあまり得意ではない人でも簡単に管理できます。

基本的な機能であるページ管理・更新機能はもちろん、コーポレートサイトに必要なメールフォームやお問合せフォームなどのプラグインも簡単にできるのも特徴としてあげられます。

CMSのまとめ

CMSは、種類によってその内容は異なるものの、様々なメリットを持っています。

正しい方法でCMSを導入することでコスト面だけでなくユーザビリティの観点からも高いパフォーマンスが期待できます。

多くのWebサイトで当たり前のようにCMSが使われている中で、まだCMSの恩恵を受けたことがない方はいずれ導入を検討されてはいかがでしょうか?