初心者のためのホームページ作成の基礎知識

初心者のためのホームページ作成の基礎知識

最近ではHTMLやCSSといった専門知識がなくても、簡単に高クオリティなホームページが作れる無料ツールが多く登場しています。

とはいえ、そもそもホームページを作成するのにどうしたらよいのかという時点で断念している人も多い印象です。

サーバー、ドメイン、HTML、CSSなど普段聞きなれないワードが出てくれば仕方ないですよね。

当記事では、ホームページ作成の基本について紹介していきます。

ホームページの公開に必要なもの

ホームページ作成は、インターネット上にマイホームを建てるイメージとお考え下さい。

サーバー ≒ 土地

ホームページを作る場合、家を建てるのと同様に「土地」が必要になります。インターネット上の土地スペースのことをサーバーと呼びます。

一般的にサーバーはレンタルサーバーと呼ばれ、月額利用料を支払って契約します。

ドメイン ≒ 住所

ホームページを公開する上で、土地以外に住所の申請が必要となります。土地だけあっても住所がないと誰にも認識できません。

インターネット上の住所のことをドメインと呼びます。〇〇〇.comといったものです。

ホームページ ≒ 家・建物

土地と住所に当たるサーバー、ドメインが揃って初めてホームページを公開することができます。

ホームページの作り方

ホームページの作成方法には、いくつかの方法があります。ここではその方法をご紹介していきます。

レンタルサーバーと独自ドメインを使った作り方

ホームページの作り方として一般的なのが、レンタルサーバーを借り、独自ドメインを取得するという方法です。

ドメインとサーバーの用意ができたら、ホームページのコンテンツにあたるHTMLファイルと、デザインを指定するCSSファイルを用意し、サーバーにアップロードすれば完成です。

ドメインやサーバー、HTMLやCSSに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

▼ レンタルサーバーとは?初心者におすすめのレンタルサーバーを紹介

▼ 独自ドメインとは?初心者におすすめのドメイン業者を紹介

▼ HTMLとは?初心者でもわかるHTMLの基礎知識

▼ CSSとは?初心者でもわかるCSSの基礎知識

WordPressなどのCMSを使った作り方

CMS(Contents Management System)とは、HTMLやCSSなどの知識が無くても、テキストの入力や画像の挿入をするだけで、ホームページを更新することができる管理システムです。

代表的なものとしてWordpress(ワードプレス)が挙げられます。知識のない個人や、Web担当のいない会社などでも簡単にホームページの管理、更新ができます。

CMSに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

▼ CMSとは?初心者でもわかるCMSの基礎知識

ホームページ作成サービスを使った作り方

「HTML?CSS?CMS?何それ?」という方にお勧めするのがホームページ作成サービスを使った作り方です。

自分でサーバーをレンタルしたり、ドメインを取得する手間が無く、簡単にホームページを作成できるのです。しかも無料で始めることができ、気軽に始めてみることができます。多くのサービスに月額、年額の有料プランも用意されていて、必要に応じて切り替えることもできます。

ホームページ作成サービスに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

▼ ホームページ作成サービスとは?初心者におすすめの無料作成ツールを紹介

ホームページを作ってみましょう!

ホームページの作り方にも様々な方法があります。自分に合ったものを選んで、ぜひ作ってみてください。